--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 05. 24  
2週間ほど前に冬囲いを外したのですが、
バラ4株が越冬できていませんでした。

腰高くらいあった枝が、凍傷で真っ黒。

泣く泣く枝を全カットし、げんこつ株となってしまいました

P1050708.jpg
「げんこつ剪定から10日後。芽が出てきた!


ちなみに、
↓これが去年の開花。

P1030588.jpg

一昨年は12株すべて元気に越冬したので、
少し油断していました。

振り返ると、いくつかの反省点があります。

今年は、

・株元を腐葉土で山のように覆ってませんでした。

・葉を残したまま、コモ巻きし、極寒の冬を迎えました。

やはり、葉に水分を吸い上げていた枝が凍ったようです。
そういえば、昨年12月頃は、不動産管理の仕事でも
水道管凍結が相次ぐ寒さでした。
マイナス10度を越える寒さが1週間ほど続きました。

答え
強制的に葉をむしって、しばらくすると、薔薇自身が
根からの水分の吸い上げをとめて、ホルモンを分泌し、
越冬準備をし始めるそうです。

猛反省です。


P1050707.jpg

シュート(新芽)の発芽がほんとうれしい

P1050698.jpg

ギボウシも若々しい。
お浸しで食べれるそうです。

P1050696.jpg

アルプス乙女(姫リンゴ)のつぼみ。

P1050700.jpg

アンドロサセ。娘のお気に入り。
秋口に飛び散ったこぼれ種で群生中。

P1050713.jpg

昨年植えた黄の透明感あるスイセン。
思ってたより半月遅れの開花。
計算違いでルピナスの葉に隠れてる。
のぞきこんでの撮影。

P1050705.jpg

ヒューケラは本当に耐寒性がいい。
ジョージアピーチとエレクトラ。

P1050719.jpg

更新をさぼり過ぎて紹介にキリがないな
とりあえず今回はあと2つほど。

P1050712_20130524120702.jpg

ワイルドストロベリーの花。
幸せをもたらすと言われてるので、
20株ほど植えています(欲張りすぎ?)

P1050703.jpg

最後にジューンベリーの開花。
昨年のブログ → 庭木の王様「ジューンベリー」
        「ジューンベリー果実のジャム作り」

良い週末を!


人気ブログランキングへ
↑1クリックで1票になります^^
 皆様からのあたたかい応援で支えられています


スポンサーサイト
2013. 04. 24  
更新のないブログでしたが、
日に50人を越える方々がずっと訪問してくれてるようです
本当にありがとうございます。

2013年春、「ひだまり花日記」開園です!

P1040857.jpg
「4月上旬:氷を突き抜け咲いてきたスノードロップ」

昨年秋に球根で植えてました。

この歳になって植物に教えられることが多いです。
語らないからこそ、直球で心にきますね。

080118htrs-c 140


最後のブログ更新から半年が過ぎました。

ビッグニュースを伝えたいところですが、
散髪に5回ほど行っただけでほぼ冬眠生活でした(笑)


P1040883.jpg
「野いちごとツルマサキの間から顔を出したクロッカス」


いろんな方の環境の変化を風の噂で聞きました。

「必ず春は来る」ということ・・
それだけ伝えたくてブログ更新しました。


すてきな歌ですよ。
「桜日和」 柴田淳 ←click!
ぜひフルコーラスで聞いてほしい



人気ブログランキングへ
↑1クリックで1票になります^^
 皆様からのあたたかい応援で支えられています


2012. 11. 17  
北海道も木枯らしが吹き、
いよいよ雪囲いの季節がやってきました

P1040204.jpg

とりあえず、
寒風が直接吹き付ける、7株に施しました。

P1040212.jpg

本州の方からみると、雪国の庭の冬支度、タイヤ交換や雪かきは、
無駄に手間のかかる作業と思えるかもしれませんね。

僕は、季節感があってわりと楽しんでいます。
たのしい!そう思うようにしてます(笑)

面倒と思うと、充実感がなくなり、楽を追求すると、
文化的で心豊かな暮らしから遠ざかるような気がします。


僕の暮らす地域は空港があるくらいなので、雪が少ないです。
シーフォグ(海霧)は視界不良で困る、雪が降れば、
滑走路除雪に困る、間をとってこの地に決まったのでしょう。

ただ北国のバラ栽培を考えると、大雪で埋もれてしまった方が、
バラにとっては好都合と言えます。
寒風が一番の敵。バラを芯から凍結させます。

凍死させないためにも、
枝が充実して、木質化するまでは雪囲いは必須です。

今は、雪がないので、少し趣に欠けますが、我が家では
冬を告げるクリスマスイルミネーション代わりになってます。
の天然色素をワラに染めるほどの大胆さや、
エンターテイメント性がなくてすいません

P1040198.jpg

ところで、
皆さんは日頃から幸せを感じていますか?

幸せに気付くには「足るを知る」ことが大切なようです。

テレビでこんなシーンがありました。

2011年のニュージーランド大震災で、
自宅を失った初老の夫婦へのインタビューでした。
場所は、真新しい仮設住宅。4LDKの立派な平屋です。

仮設住宅にしては豪華すぎる?
ニュージーランドではこれで平均的な広さ。

→ただし、家賃8万円!

失った自宅の住宅ローン返済に加え、仮設住宅の家賃。
仕事はすでに退職してるそう。

インタビュアーがこんな質問をしました。
記者「今は何に幸せを感じていますか?」

爺「屋根があり、雨をしのげる。食べることもできている」
 「寄り添う妻がいる・・幸せだよ」

テレビの前には、
当たり前すぎることに幸福感を感じていなかった自分がいました。

これからの時代、「足(た)るを知る」(十分と思える心を持つ)、
これなしに幸せはありません。

うちは今のところ貧困ではありませんが、
娘には誕生日とクリスマス以外、あえておもちゃを買いません。

その代わり、図書館で絵本見放題、借り放題。
折り紙やシール、ビーズ等、工作する材料は欲しがれば、
買っています。

その環境もあって、
娘はなんでも自分で作ります。
年少さんのあたまで考えて考えて作りだします。
大人の発想を越え、ゴミがおもちゃに変身します。

・牛乳瓶
小さく切った水色の紙を入れて、折り紙の花を生けてくれます。

・雪印6Pチーズの箱
カチューシャを作って自慢げに幼稚園バスへ乗りこんで行きました。
P1040143.jpg
先生が爆笑していました

とにかくなんでも・・・
ビーズや切り抜き、お菓子の箱、生活雑貨を利用して、
毎日、何かを作っています。

買ってあげたおもちゃはすぐに飽きるのに、
自分で作ったものは、ものすごく大切にします。


足るを知り、豊かに日々を楽しんでる娘にたくましさを感じます。

そういう育児方針にしたのは、
親戚の叔父さんが、こどものおもちゃは手作りしてたよと、
母親から聞いたことがあり、心に残っていたため。

あるラジオのお悩み相談・・・。
うちは余裕がなく私立に子供を進学させることができないという、
相談にリスナーのおばさんが答えてました。

実は我が家は貯蓄はありましたが、大学進学を希望する娘に、
「うちは借金があり、国公立しか行かせることができない。
だめなら就職してほしい」と告げたそうです。日頃から
質素に暮らしていたので、それを信じた娘は塾通いもせず、
一発奮起、猛勉強、日々の授業を大切にして、
みごと国立大学に合格したそうです(なるほど)

ある本からの抜粋・・・。
昔、裕福でない家の子は、お盆に灰を入れ、字を覚えたそうです。
紙が高価な時代。教科書の文字をお盆の上の灰に指でなぞり、
書く場所がなくなると、お盆を揺らしてまた指で字の練習を
繰り返したそうです。貪欲に学び、大成する姿が目に浮かびます。

足るを知り、逆境はエネルギーに替えて頑張れば、
人生は二倍の喜びに包まれそうな気がします。

P1020743_20121116034024.jpg

今夜も秋冬の夜長です
娘が寝息をたてています。

そういえば、大学の恩師が、
読書をすると人生が二倍豊かになると言ってました。自分では
経験できない世界を旅したり、他人の考えに触れられたり・・・。

著者は僕ではありませんが(笑)よかったら読んでみて下さい。
きっと、人生得をします。

「部下を定時に帰す仕事術」佐々木常夫
入退院を繰り返しうつ病を併発した妻、自閉症の子供を持ち、
3人の育児と家事・看病をこなしながら、東レの社長まで
登り詰めた夫の記録。言い訳するならやろうと思える一冊。

「イギリス式お金をかけず楽しく生きる!」井形慶子
ガーデニング大国イギリスの価値観・人生観に触れられる。
プチ留学した気分になれます。僕が不動産に興味を持った一冊。

「世界一の庭師の仕事術」石原和幸
無許可の路上花屋さんから世界ナンバーワンになった実録。

「チャンス」犬飼ターボ
ページをめくるたびに学びがある。
人生での成功哲学のすべてを小説化した本。


しばらく冬季休園します。
「ひだまり花日記」園長より。

P1010658 - コピー
「メリークリスマス!」気が早い?


2012. 09. 22  
ずいぶんブログをさぼってしまいました
仕事上、良くも悪くも忙しい日々が続き、
あっという間に、一ヶ月が過ぎ去ってました。
それでも「ひだまり花日記」を忘れず、本日訪問してくれた方々、
本当にありがとうございます。

夏のバラ(二番花)は、ぱっと咲いて、
桜のようにあっという間に散っていきました。

P1030588.jpg

一輪一輪は若干疲れた表情でしたが、
全体でなかなかの修景を見せてくれました。

それから、数週間後。

現在は、
秋バラの開花に向けて、シュート(新茎)を伸ばし、蕾を作り、
生命力を感じさせてくれています。

P1030736.jpg


こちらを見て下さい。
夏バラが終わって一週間経過したくらいなのですが、
赤丸のバラは葉が黄色く変色し、次々に葉が落ちてしまいました。

P1030596.jpg

手前の茂ってる株と品種植えた時期育て方も全く同じです。

どうやら夏バテのようでした。

道路側に面し、アスファルトの熱風にやられ、
株脇にはオルレイヤを植栽してあったのですが、
春に満開ですが、夏には種を付け枯れてしまうので、
夏の直射日光が株元を照らし、
地温もかなり上昇してしまったのでしょう。


まずは液体活力剤を与えて、根と葉の元気を取り戻してから、
即効性のある液体肥料を与えます。

絶対にやってはいけないことは、いきなり肥料を与えることです。
状況がさらに悪化します。
人間でも同じだと思いますが、
病気の時にいきなりステーキをドカ食いするようなもの。
まずはお粥から徐々に食べ慣らしていきます。

他にも、株元に腐葉土を播いて、空気の層で地温を下げました。
気温の低下と共に少しずつ元気を取り戻してくれるでしょう。





ここからはブログの趣旨とは方向性が違いますが、
僕と同じ思いをする方を世の中から一人でも減らしたいので、
恥を忍んでお話します。

私には5歳の頃に生き別れた父がいました。
母方に引き取られて以来、28年間一度も会うこともなく、
6年前にガンで他界したことは知っていました。

そんなことも忘れていた他界から6年後のある日、
我が家のポストに一通の訴状が届いたのです。山形地裁からでした。

その訴状には、実父の会社の債務(借金)について提訴されていると
記載されていました。

その日は4月1日。エイプリルフールの冗談かと思いました。
しかし、詐欺にしては裁判所から送られていた資料は分厚かった。

思い起こすと6年前、父の死んだ直後、
「父の債務を支払え」という怪しい手紙が私に届いていました。
振り込め詐欺も流行っており、悪質な詐欺だと思いながらも、
仕事も海外出張を控えてたので、これ以上関わりたくないと、
「父とは事実上の親子関係はありません。私はこんな多額の借金を
支払う立場にはありません」という内容で返信してしまったのです。

これが法律でいうところの、
「父の債務を認知しながら、相続放棄をしなかった」
ことになるらしく、
僕は法律上、父の債務をかぶり、被告人となってしまったのです。


ただ、世の中そんな不条理にできていないだろうという思いも
ありました。とりあえず弁護士に相談することにしました。

父が他界して、債務の事実だけ簡単な手紙で知らせておいて、
そこでは相手側は起訴しなかった。
「相続放棄の権利」時期を失効させた上で、6年経過させ、
40歳にもなれば幾分かの貯蓄もある、そのタイミングで
周到に提訴している。事業での債務は、時効は5年ではなく、
10年となる。裁判で勝てる見込みは今のところない。

顔面蒼白でした。なにも悪いことはしてません。
このままでは幸せな家庭も自宅も未来もすべて奪われる・・
恐怖で眠れませんでした。

そもそも、私は33年も前に父の戸籍から抜けており、
完全に他人の関係でした。父は私の人生に存在していなかった。
ましてやそこに相続関係があるなんて思ってもみませんでした。
他人の借金を保証人にもなっていないのに負わされた心境でした。

その日から、様々な証言を集め、点と線で結ぶ日々が始りました。
疎遠だった父方親族の証言により、当時の状況が次第に明るみに
なりました。相手はヤミ金のような方とも聞きました。
腹違いの異母兄弟にも初めて連絡をとりましたが、彼女は相手側と
面識があり、父の借財を知っていたため、すぐ相続放棄したよう
でした。

当時、父の親族もこの債務問題に巻き込まれたようで、
実家を売り払い、何千万かの返済の後、和解したという経緯が
ありました。

こちらからも相手側に不利な状況証拠・証言を提示しました。
親戚が和解した後の別債務の発覚には矛盾点も見え隠れしましたが、
父も祖母も他界しており、死人に口なしです。

半年以上、4回の控訴で、これ以上精神的にも限界でした。
これ以上の打開策が見えぬまま悩んでいたところ、
相手側が早期に決着させようと和解金を請求してきました。

このまま裁判を続けても、秋田高裁まで送られ、裁判はこの先、
2年以上続き、その間の旅費・裁判費・弁護士費用がかさむだけ。
ここで和解金で解決するのが一番安く済むという弁護士の助言も
あり、受け入れることにしました。

何とか痛い人生勉強代を支払い、
我が家に再び、穏やかなひだまりが戻ってきました。

法律に血は通ってません。
裁判にたとえ勝ったとしても、多額の裁判費用が残るだけ。
世の中の恐ろしさを噛みしめました。


しかし、僕は父を恨んでいません。

なぜなら今後の僕の人生は、よりリスクに対し慎重なものとなり、
債務をしてまでの不動産事業拡大も考えないでしょう。

夢や計画は遠のきますが、後から見たらそれが良かったと
思える日がきっと来るかもしれません。

人生何が起こるか分かりません。
普通であることが本当に幸せです。

早めに気付けて良かった。

ぜひ、皆さんのお知り合いで同じような境遇の方がいたら、
負の相続(借金の相続)について話してあげて下さい。


最後に、
この一件で文句ひとつ言わなかった妻にありがとう。
笑顔で支えてくれた娘にありがとう。

安らぎをくれたバラ園芸とブログと皆さんにありがとう。







2012. 08. 14  
快晴
ちょっと得した気分の一日が始りました。

hima13.jpg

この2日間の雨上がりのバラを紹介しようと思ったのですが、
8月は花を咲かせてないので、過去のバラ写真から拾ってみます。

P1020798.jpg

パーキー(Parky)です。
 
P1020778.jpg

純白に雨水の透明感、なんとも涼しげです。

P1020800.jpg

ちなみにこのバラは、
「最小限の管理で最高のパフォーマンスを発揮するガーデンローズ
 の作出」と言われています。

P1020779.jpg

こちらはおなじみの「エンチャッティド・イブニング」。

P1020772.jpg

葉の表面は細かい毛で覆われており、汚れや雨をはじきます。
汚れてると光合成できないので、ソーラー発電と同じですね。
バラによって葉っぱの形や色も異なり、テカテカした照り葉が
特徴のバラも多くあります。

飛行機の仕事をしていた頃は、空を飛ぶエンジン音で航空機の型を
聴き分けていましたが、今は葉を見ればバラの種類がわかります。
(20種程度ですが

P1020775.jpg

「ベンジャミン・ブリテン」
このままブローチになりそうですね。
僕が宝石のデザイナーなら、こんなところからヒントをもらうかも。

今日は夏休みだったので、
勉強しています。
・・・娘が。
P1030514.jpg

4歳になったばかりですが、ひらがなを通り越して
漢字を学んでいます。

P1030506.jpg

漢字が書きたいというので、冗談で渡したところ、
ハマってしまいました。

ものすごく面白いそうです。

P1030504.jpg

親としては、集中力が付けば何でも良いと思っています。
先ほども「とおちゃん、しずかにしなさいっ!」と怒られました。

もう一つ、彼女のブームがあります。

・・昨日の夕食の会話・・

娘「そうだ!とおちゃん、ごはんたべおわったら、
  おきょう(お経)よもうよっ!

父「・・・

娘と妻がお風呂に入ってる時、娘を怖がらせようと
脱衣所からお経をよんだところ、娘のツボにハマり、
「ケラケラ・けらけら」、娘の笑いが止まりません

あの特有のリズムが、ものすごく面白いそうです。
漢字だらけのお経の横に読み仮名がひらがな表記されており、
なにげにひらがなの勉強になっているようです。

ちなみに僕がお経を唱えてるときは、
娘は一休さんのものまねをしています。(な~む~)




人気ブログランキングへ
↑1クリックで1票になります^^
 皆様からのあたたかい応援で支えられています


プロフィール

RoseMaster

Author:RoseMaster
出張先で訪れたカナダ・ワイナリー。
そのテラス庭園のひだまりにあふれるバラが
僕のライフスタイルを変えました。

訪問者数
ブログの評価
ブログランキングに登録しています。1日1回応援クリックしてもらえると嬉しいです。 br_decobanner_20110711135656.gif←1click!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
過去のブログもみてね!
薔薇の本
花・ガーデニング 人気ブログを探すなら
元国際線パーサーが本気でオススメする商品2
直筆コメント:遮光カーテンでない限り、まだ寝ていたいのに朝の太陽の光で目覚めてしまったことはありませんか?この商品は楽天市場で第1位を獲得したアイマスクです。テンピュール素材で完全フィット、つけ心地もふんわり、朝起きるまで外れません。これまでのアイマスクの概念を覆す一品です。少々値は張りますが一生モノのアイテムになります。

ガーデングッズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。