--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 06. 26  
ピンク姫シャラの花です。

P1050845.jpg

早朝いつの間にか咲いて、
あっという間に(1~2日)花が地面に落ちています。

こちらはつぼみです。

P1050840.jpg


もったいないので、花は金魚鉢に浮かべて楽しんでますが、
今日は、娘が拾って幼稚園のバスに乗り込んで行きました。


P1050836.jpg


乗った瞬間、みんなの注目を浴びて人気者になれるので、
最近やたらに庭の花を摘みたがります(笑)


P1050801.jpg

オルレイア グランディフローラです。

こぼれ種から群生しています。
無動作に土に投げておくだけで、ほぼ全部、発芽しました。

すごくきれいな花ですが、種は↓棘(トゲ)だらけ。

P1050826.jpg


紫色のルピナスも北国の庭には欠かせません。

P1050812.jpg

ブルーガーデンで高さが欲しい時、
奥角に置くと良い感じになります。

今年は、富良野ラベンダーの大鉢に挑戦しています。
2、3年後には、鉢に溢れんばかりに咲きほこる予定。

P1050813.jpg


姫リンゴも実が成り始めた。

P1050816.jpg


ワイルドストロベリーにも。
通園前の娘のおやつになる予定。

P1050820.jpg


前回のブログで書いた瀕死の薔薇のゲンコツ株。
現在、こんな感じです。

P1050798.jpg


何ごとも諦めないことが肝心です。


草花を育てていると、
待つことの大切さが身に沁みます。


最近、真剣にものごとに取り組めない自分がいます。
ダメだなと思いながら、年からくる経験が邪魔をして、
先読み。熱くなれない。

昔いた職場で、若かりし訓練時代、
教官が言ってくれた言葉。


「メモはとらんでいい。
 俺の顔をみて説明を聞け。」



本当に真剣だとメモなんかとらなくても、
憶えてしまうもんです。

あの頃は毎日が熱く真剣勝負だったなぁ。



よしっ!もう一度。



人気ブログランキングへ
↑1クリックで1票になります^^
 皆様からのあたたかい応援で支えられています



スポンサーサイト
2012. 06. 27  
植樹して3年。
ピンク姫シャラが初めて花を付けました。

P1020662.jpg
ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。
ヒメシャラは木肌美しさが魅力で、和洋どちらでも調和します。

シンボルツリーとして、
ジューンベリーと共に自宅購入時に記念植樹しました。
ここ数年は株立ちにして樹形を楽しんでいました。

長い間待った分、この一輪の開花を見つけた時には、
家族みんな満面の笑顔になりました。

P1020637.jpg

この3日間の晴れ晴れとした暖かい気候に
エンチャティッド・イブニングも次々にがく弁がめくれています。

P1020670.jpg

こちらはモーティマー・サックラーのつぼみ。
明日には開花すると思われます。写真は昨日のもの。

P1020667.jpg

ルピナスの鮮やかな紫色。
朝の日課の庭散歩(一周しても1分かかりません)では、
一際目を引きます。花茎は50cmくらいあるんです。

P1020669.jpg

この花のところに全部、枝豆のようなサヤの種を付けるんですよ。
毎年、種だらけになるので、花が終わりかけたら花首からカットして
株の体力消耗を軽減させています。

カットした花茎は、鮮やかなサーベル(刀)となって、
娘が庭で振り回しています

元気が一番!


↓皆様からのあたたかい応援で支えられています
人気ブログランキングへ
↑1クリックで1票になります^^
 50人で一気にランキングを押し上げてほしいっ。





2011. 10. 21  
今年は、
たくさんの果樹園を巡りました。

北海道では珍しい、
冬季のハウス苺狩りからはじまって、
ブルーベリー、ブドウ、リンゴなど。

P1120212.jpg

スーパーなどで買う、
糖度12%越えの果物に慣れているせいか、
感動もののおいしいフルーツに出逢えたのは、

極々僅かでした。

食べ放題の観光果樹園の限界なのでしょうか?

P1120223.jpg

家族のため、
園芸の感動を求めて、
来年も東西南北、津々浦々、車を走らせたいと思います。


所変わって、
我が家の果樹といえば、
ジューンベリーとアルプス乙女(姫リンゴ)です。

今年、最後の小りんごの収穫を楽しみました。

この夏、たった2個だけ実ったアルプス乙女。
「夏のアルプス乙女」←click!

これまで、
鳥に食べられないように、
娘にもがれないように、
必死で守ってきました。

P1010025.jpg

カメムシ襲来や、
大型台風に耐え、
よくぞ!万有引力の法則に打ち勝ってくれました

親の感動はよそに、

この薄汚れた小さなリンゴにどうもテンションの上がらない娘・・。

P1010027.jpg

ものの3秒で、

あっさり、

もぎ取ってしまいました。

P1010031.jpg

たしかに見た目は悪いけど、
こういうのが結構美味しかったりするんだぞ。

とおちゃんにはわかる。

まだ3歳のおまえには分からないのも仕方ない

P1010051.jpg

せめて、テンションが上がるように、
とおちゃんがミニチュアサイズにカットをしてやろう。

P1010052.jpg

若干、嬉しそうな娘の笑顔・・・

「あ~ん」と娘の口に入れてあげて、ひと噛み・・ふた噛み

あまりの激マズさに、大量のよだれと共に吐き出しました

「とおちゃん、なにすんだよ~っ。」

あれ見た目が不細工ほど美味しいのは、

か。

ごめん、ごめん。

スカスカで酸っぱいえぐ味・・・


おいしいものを作るって、ほんと大変。
ましてや感動レベルとなると、研究と手間は計り知れません。

「食べ放題の果樹園の限界・・」なんて軽々しく言えませんね。
果樹園で働く方々の苦労が身にしみます。

教訓①
「何ごとも自分でやってから、文句は言いなさい」
と子供には教育したいと思います。

でも、
ネットでは、アルプス乙女の果実は、
市販のリンゴより美味しい!って、書いてあったよな・・

教訓②
「何ごとも自分の目と舌で経験しなさい」
と子供には教育したいと思います。


ところで、
北海道の冬は、

庭が雪にどっぷり埋もれます。


つまり、その間、花ネタがありません。

また、本業に集中したいこともあり、

突然ではありますが、
2011年の「ひだまり花日記」ブログは、
本日で、冬季休園とさせていただきます。

来春の北海道、

雪解けし、
ぽかぽか陽気の中、
新葉が芽吹くころ、

また、お会いできれば幸いです。。


さあ、バラの雪囲いでもするかな・・・


追記:
草花が休息する冬の間も、
日々の生活と日本マネーは動き続けます。
たまにブログでコメントできないのが寂しいです。
こちらのブログは誠実で、僕のお気に入りです。
↓こそっとどうぞ^^
「資産運用相談員kaoruのちょっといい話」
「親子で学ぼうお金の話」

↓こんな考え方もあるんだぁ-.-
「chikirinの日記」

↓最近、笑ってない人に^^
「ほめられサロン」

↓この曲に何度も救われてます。やさしい気持ちになれます。
「GIFT」
「街角」
「世界でいちばん好きな人」
「ときどき雲と話をしよう・・」

↓やる気!元気!
「元気がでる名言」
「挑戦したくなる名言」


この4ヶ月間、
ブログに訪れて来て下さった皆さんに心より感謝いたします。

ありがとうございました。



↓皆様からのあたたかい応援で支えられています
人気ブログランキングへ
↑1クリックで1票になります^^






2011. 08. 06  
庭木の王様「ジューンベリー」、
姫りんごの木「アルプス乙女」につづく

我が家の庭木シリーズ 第3段!

本日は夏に涼しげな「シマトネリコ」を紹介します。


11.jpg

風になびく軽やかな樹姿。

コンパクトにまとまるので

狭い場所にぴったりです。

P1110416.jpg

緑が織りなす光と影の揺らぎに癒されます。

P1110408.jpg

他の植物との調和を考え、地際にも葉をつけました。

10.jpg

つまり、

プードル犬のように
上下に葉を残し、
中間枝をなくした一風変わった仕立て方。

Silver_Miniature_Poodle_stacked.jpg

アオダモと同じ、
モクセイ科トネリコ属の「シマネトリコ」は、

通常は白い枝なのですが、
雨に濡れると枝が青く(緑)変化します。

通(つう)はこの枝(幹)を見て楽しむのだそうです。

枝をさらに見せるのも面白いなと思ったのが発端でした。

そもそもは、裏庭へ続く通路をさりげなく目隠しするため。

だけど、背景にある自宅の玄関が茂り過ぎた緑で
深く重たくなるのも避けたいというわがままな発想でした。

↓晴天時には、白い枝です
P1110424.jpg


雨に濡れると、
↓青い枝
P1110438.jpg

もっと分かりやすく近寄ってみると、

P1110426.jpg

こんな感じです。


後から知ったのですが、「シマトネリコ」は、

幸運を導く樹なんだそうです。

シマトネリコという北欧神話にも出てきて、

神話の中では9つの世界を支えているそう。

なんか得した気分です。


庭木によって、

家のイメージはずいぶん変わります。

清涼感やぬくもりを自在に演出できます。

庭木のない家は物質的ですが、

庭木一つで生命感が宿る気がします。


では、皆さん良い週末を!

緑で日本を元気に!


参考:
庭木の王様「ジューンベリー」

姫りんご「アルプス乙女」


↓押して頂けるとうれしい^^
br_decobanner_20110728192428.gif
1クリックが1票になります!



【クレジットカード節約術】←驚きの真実!
2011. 07. 29  
小型のりんごの木、アルプス乙女という品種です。

手前に1つ、奥に見えにくいですが1つ、
2つの姫りんごのちっちゃな実がなっています。

P1110213.jpg

まだ、直径2cmほどの初々しい果実。
赤く成熟しても5cmに満たないそうです。

P1110218.jpg

今春、植樹したばかりで腰の高さもありません。
なのでたくさんの葉で隠れて、色も同化していたので、
この2つの実にまったく気づきませんでした。

早くて2年目から実を付けるとも聞いていましたから。
↓実はりんごの実が隠れています。わからないでしょ!

P1110195_20110728123959.jpg

倉庫の側面を隠すためにエスパリエ風に
このアルプス乙女を育てたくて購入しました。

こんな感じです。
b97caec1118c4cafabb230d6a33d1d07.jpg

厚みは20cmもないので、
イギリスなんかでは壁面植樹として人気が高いそうです。

P1090232.jpg

めちゃくちゃ可愛らしい薄桃色の花が
春の到来をいち早く知らせてくれました。

枝はやわらかく、
エスパリエとして誘引に適しているのも納得です。

P1090233.jpg

りんごの木なんて
一般家庭では手に負えないという人も
このアルプス乙女ならコンパクトに仕立てられそうです。

今流行りの「ゴーヤカーテン」の次は、
「姫りんごエスパリエ鉢植え仕立て」に注目が集まりそうです。

このブログから発信します!?

ちなみに、果実もかなり凝縮された甘さで美味しいそうです。

3歳児の娘が、

「わ~!ちっちゃくてかわいいね~、とうちゃん!
もう食べよっか?」と目をギラつかせておりましたので、

なんとか阻止しようと思います。


ほんと貴重すぎる2つだけの実です。





いつも見に来てくれてありがとうございます。
今日一日がみなさんにとって良い日でありますように!



↓押して頂けるとうれしい^^
br_decobanner_20110728192428.gif
1クリックで1票になります



【クレジットカード節約術】←驚きの真実!

プロフィール

RoseMaster

Author:RoseMaster
出張先で訪れたカナダ・ワイナリー。
そのテラス庭園のひだまりにあふれるバラが
僕のライフスタイルを変えました。

訪問者数
ブログの評価
ブログランキングに登録しています。1日1回応援クリックしてもらえると嬉しいです。 br_decobanner_20110711135656.gif←1click!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
過去のブログもみてね!
薔薇の本
花・ガーデニング 人気ブログを探すなら
元国際線パーサーが本気でオススメする商品2
直筆コメント:遮光カーテンでない限り、まだ寝ていたいのに朝の太陽の光で目覚めてしまったことはありませんか?この商品は楽天市場で第1位を獲得したアイマスクです。テンピュール素材で完全フィット、つけ心地もふんわり、朝起きるまで外れません。これまでのアイマスクの概念を覆す一品です。少々値は張りますが一生モノのアイテムになります。

ガーデングッズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。