--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 09. 22  
ずいぶんブログをさぼってしまいました
仕事上、良くも悪くも忙しい日々が続き、
あっという間に、一ヶ月が過ぎ去ってました。
それでも「ひだまり花日記」を忘れず、本日訪問してくれた方々、
本当にありがとうございます。

夏のバラ(二番花)は、ぱっと咲いて、
桜のようにあっという間に散っていきました。

P1030588.jpg

一輪一輪は若干疲れた表情でしたが、
全体でなかなかの修景を見せてくれました。

それから、数週間後。

現在は、
秋バラの開花に向けて、シュート(新茎)を伸ばし、蕾を作り、
生命力を感じさせてくれています。

P1030736.jpg


こちらを見て下さい。
夏バラが終わって一週間経過したくらいなのですが、
赤丸のバラは葉が黄色く変色し、次々に葉が落ちてしまいました。

P1030596.jpg

手前の茂ってる株と品種植えた時期育て方も全く同じです。

どうやら夏バテのようでした。

道路側に面し、アスファルトの熱風にやられ、
株脇にはオルレイヤを植栽してあったのですが、
春に満開ですが、夏には種を付け枯れてしまうので、
夏の直射日光が株元を照らし、
地温もかなり上昇してしまったのでしょう。


まずは液体活力剤を与えて、根と葉の元気を取り戻してから、
即効性のある液体肥料を与えます。

絶対にやってはいけないことは、いきなり肥料を与えることです。
状況がさらに悪化します。
人間でも同じだと思いますが、
病気の時にいきなりステーキをドカ食いするようなもの。
まずはお粥から徐々に食べ慣らしていきます。

他にも、株元に腐葉土を播いて、空気の層で地温を下げました。
気温の低下と共に少しずつ元気を取り戻してくれるでしょう。





ここからはブログの趣旨とは方向性が違いますが、
僕と同じ思いをする方を世の中から一人でも減らしたいので、
恥を忍んでお話します。

私には5歳の頃に生き別れた父がいました。
母方に引き取られて以来、28年間一度も会うこともなく、
6年前にガンで他界したことは知っていました。

そんなことも忘れていた他界から6年後のある日、
我が家のポストに一通の訴状が届いたのです。山形地裁からでした。

その訴状には、実父の会社の債務(借金)について提訴されていると
記載されていました。

その日は4月1日。エイプリルフールの冗談かと思いました。
しかし、詐欺にしては裁判所から送られていた資料は分厚かった。

思い起こすと6年前、父の死んだ直後、
「父の債務を支払え」という怪しい手紙が私に届いていました。
振り込め詐欺も流行っており、悪質な詐欺だと思いながらも、
仕事も海外出張を控えてたので、これ以上関わりたくないと、
「父とは事実上の親子関係はありません。私はこんな多額の借金を
支払う立場にはありません」という内容で返信してしまったのです。

これが法律でいうところの、
「父の債務を認知しながら、相続放棄をしなかった」
ことになるらしく、
僕は法律上、父の債務をかぶり、被告人となってしまったのです。


ただ、世の中そんな不条理にできていないだろうという思いも
ありました。とりあえず弁護士に相談することにしました。

父が他界して、債務の事実だけ簡単な手紙で知らせておいて、
そこでは相手側は起訴しなかった。
「相続放棄の権利」時期を失効させた上で、6年経過させ、
40歳にもなれば幾分かの貯蓄もある、そのタイミングで
周到に提訴している。事業での債務は、時効は5年ではなく、
10年となる。裁判で勝てる見込みは今のところない。

顔面蒼白でした。なにも悪いことはしてません。
このままでは幸せな家庭も自宅も未来もすべて奪われる・・
恐怖で眠れませんでした。

そもそも、私は33年も前に父の戸籍から抜けており、
完全に他人の関係でした。父は私の人生に存在していなかった。
ましてやそこに相続関係があるなんて思ってもみませんでした。
他人の借金を保証人にもなっていないのに負わされた心境でした。

その日から、様々な証言を集め、点と線で結ぶ日々が始りました。
疎遠だった父方親族の証言により、当時の状況が次第に明るみに
なりました。相手はヤミ金のような方とも聞きました。
腹違いの異母兄弟にも初めて連絡をとりましたが、彼女は相手側と
面識があり、父の借財を知っていたため、すぐ相続放棄したよう
でした。

当時、父の親族もこの債務問題に巻き込まれたようで、
実家を売り払い、何千万かの返済の後、和解したという経緯が
ありました。

こちらからも相手側に不利な状況証拠・証言を提示しました。
親戚が和解した後の別債務の発覚には矛盾点も見え隠れしましたが、
父も祖母も他界しており、死人に口なしです。

半年以上、4回の控訴で、これ以上精神的にも限界でした。
これ以上の打開策が見えぬまま悩んでいたところ、
相手側が早期に決着させようと和解金を請求してきました。

このまま裁判を続けても、秋田高裁まで送られ、裁判はこの先、
2年以上続き、その間の旅費・裁判費・弁護士費用がかさむだけ。
ここで和解金で解決するのが一番安く済むという弁護士の助言も
あり、受け入れることにしました。

何とか痛い人生勉強代を支払い、
我が家に再び、穏やかなひだまりが戻ってきました。

法律に血は通ってません。
裁判にたとえ勝ったとしても、多額の裁判費用が残るだけ。
世の中の恐ろしさを噛みしめました。


しかし、僕は父を恨んでいません。

なぜなら今後の僕の人生は、よりリスクに対し慎重なものとなり、
債務をしてまでの不動産事業拡大も考えないでしょう。

夢や計画は遠のきますが、後から見たらそれが良かったと
思える日がきっと来るかもしれません。

人生何が起こるか分かりません。
普通であることが本当に幸せです。

早めに気付けて良かった。

ぜひ、皆さんのお知り合いで同じような境遇の方がいたら、
負の相続(借金の相続)について話してあげて下さい。


最後に、
この一件で文句ひとつ言わなかった妻にありがとう。
笑顔で支えてくれた娘にありがとう。

安らぎをくれたバラ園芸とブログと皆さんにありがとう。







スポンサーサイト
プロフィール

RoseMaster

Author:RoseMaster
出張先で訪れたカナダ・ワイナリー。
そのテラス庭園のひだまりにあふれるバラが
僕のライフスタイルを変えました。

訪問者数
ブログの評価
ブログランキングに登録しています。1日1回応援クリックしてもらえると嬉しいです。 br_decobanner_20110711135656.gif←1click!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
過去のブログもみてね!
薔薇の本
花・ガーデニング 人気ブログを探すなら
元国際線パーサーが本気でオススメする商品2
直筆コメント:遮光カーテンでない限り、まだ寝ていたいのに朝の太陽の光で目覚めてしまったことはありませんか?この商品は楽天市場で第1位を獲得したアイマスクです。テンピュール素材で完全フィット、つけ心地もふんわり、朝起きるまで外れません。これまでのアイマスクの概念を覆す一品です。少々値は張りますが一生モノのアイテムになります。

ガーデングッズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。